小林 多喜 二。 小林多喜二 (豆瓣)

小林多喜二_百度百科

多喜 二 小林

- 創業者が小林多喜二の伯父であり、多喜二自身も学生時代に5年間の勤務経験がある。 这些作品依然以工农革命斗争为主题,并且塑造了具有高度觉悟的无产阶级先锋战士的形象。

7
多喜二死亡時の警視庁特高部長はで、その部下であった中川、特高課長の(戦後、埼玉県警幹部)、警部(戦後、を経営)の3人が直接手を下している。 弾圧の中でおこなわれた葬儀の日、蔵原惟人、壷井栄ら獄中の同志たちに一輪の花が届けられた。

小林多喜二 (豆瓣)

多喜 二 小林

のときに、北海道1区から立候補したの選挙運動を手伝い、麓の村に応援演説に行く。 为了挫败厂方解雇临时工的阴谋,必须鼓动士气,组织一次反解雇的罢工。

16
貧乏ゆえに身を売らねばならなかった十七歳のタキを、彼は愛したばかりでなく、友人から借金して、彼女をわが家にひきとった。

小林多喜二 (豆瓣)

多喜 二 小林

31年出獄後『オルグ』『独房』『安子』(ともに1931)などで文学運動の先陣にたち、日本プロレタリア作家同盟書記長となり、日本共産党に入党後は日本プロレタリア文化連盟の結成に尽力した。 早期写了不少短篇小说和随笔,如《龙吉和乞丐》《杀人的狗》等等。

16
革命形势的发展,使他反省自己的思想和创作,对自己小资产阶级的动摇性和不彻底性,进行了严肃的剖析: 在这次事件发生后的三个月,小林多喜二就创作了以这次事件为篇名的中篇小说《一九二八年三月十五日》。 在进行革命作品创作的同时,小林多喜二还进行大量理论建树的工作。

小林多喜二

多喜 二 小林

全世界最早的譯本,是由中國的潘念之所譯,小林多喜二為此寫了序文,他認為中國的無產階級的現狀,與蟹工船同樣遭受殘虐的原始性的榨取、囚人般的勞動、被各國帝國主義的鐵鎖綑綁。 早在1923年他就接触过革命刊物《播种人》,同时也阅读了高尔基和本国革命作家的作品,得到了很大的启发。

3
早くからに傾倒して,対象把握の手法を学び,政治運動化したの最前衛で,特に集団描写にすぐれたを完成した。 因為《蟹工船》透過如何被酷使的詳細描寫,還安排了漂流到蘇聯,鼓勵他們爭取平等人道對待的情節,指引漁工方向及希望,最後靠「團結」集體反抗。

小林多喜二復活了(劉孝春)

多喜 二 小林

この年勃発した満州事変をきっかけに、弾圧はいっそう厳しくなっていった。

14
山懸は落選したが、京都で初の無産政党代表山本宜治代議士が誕生した。

《小林多喜二》

多喜 二 小林

一九三〇年(昭和5年)多喜二は上京し、積極的に活動した。 阿川弘之 『志賀直哉 上』 新潮社〈新潮文庫〉、1997年、468-471頁。 多喜二の家族も暖かく迎えたが、タキは身分の差に悩み7ヵ月後に家出をする。

1927年(昭和2)労農芸術家連盟(分裂後は前衛芸術家同盟)に加入、中編『防雪林』(生前未発表)を書く。