小日向 美穂。 小日向美穂

小日向美穂

美穂 小日向

[] セリフ集 セリフ 内容 プロフィールコメント 「は、はじめまして! プ、ププ、プロデューサー!! こ、小日向美穂です。 美穂ちゃんのアイドルコミュでも登場。 66話より。

6
アイドルたちが生き残りをかけて死闘を繰り広げるデスゲームモノを公式で出し、最後までシリアスに仕上げてきただけでも楽しいのだが、更に面白いのはこのウソ企画の物語がというコンテンツそのもののメタファーでもあるという所だ。

【デレステ】小日向美穂のプロフィールや魅力を紹介

美穂 小日向

はその名の通りシンデレラを意識したような要素が多く存在する。

6
卯月と美穂の関係について 「は誰よりも普通の女の子なんです!」と言ったが、しかし普通の女の子アイドルというのはやはりこの広い界卯月以外にも何人もいる。

【デレステ】小日向美穂のプロフィールや魅力を紹介

美穂 小日向

こうした卯月というキャラクターの人間味が乏しいかと言うと、最初に語った「普通という名の劣等感」などからけして完璧ではない姿もまた描かれているとは思うので、卯月の魅力はこの人間的部分と人を超越した部分のバランスだとも思っているし、そもそも最初から人を超えた存在からはシンデレラの物語は生まれないのだが。 すいません、大きなイベントやってて…その、参加してみませんか?• 卯月ベッドを占拠するが好きすぎる……。

7
きっかけは shabon songと シンデレラパーティ~ドリーム・ステアウェイ~に改めて触れたこと。

小日向美穂(こひなたみほ) 立ち絵

美穂 小日向

基本では敬語の島村さんが、美穂ちゃんの前ではほぼ完全にタメ口になるのやっぱりめちゃくちゃポイントが高くないですか!模範的少女の島村さんが、美穂ちゃんの前では普通の女の子になるんですよ! スリーコミュ18話より。 そしてこの事は二番目に挙げた「 シンデレラスリーのための普通」と組み合わせることでさらなる意味を生む。 とにかく僕はね……うづみほが好きなんだよね……。

そしてこちらも恒常なので、たったの有償ジュエル2500でスカウトチケットでお迎え可能!スカチケで迷ったら是非どうぞ。 どうかよろしくお願いします。

小日向美穂

美穂 小日向

キュートで染めたり、ボーカル3色パーティーでは間違えなく活躍できるはず。 第6回総選挙、是非「」ちゃんに一票をよろしくお願いします 第5回総選挙において卯月がシンデレラガールの栄冠に輝いた時、普通の女の子からスタートした卯月の笑顔の力がここまでの実を結んだのだな、とそのスタートラインから応援できなかったことを悔やみながらも本当に嬉しかった。 特技面においても、ボーカル特化の4秒高確率スコアアップは一線級で輝けるポテンシャルを持つ。

1
ソロCDの CINDERELLA MASTERシリーズにおいても、No. の絶対的な魅力に触れた僕のような人間からすると、「いやお前みたいに最高に可愛い普通がいてたまるかよ……」という気分にもなるが、少なくとも当人はアイドルとしての自らの素質に気づいておらず、このことはアニメ後半の物語で卯月本人を苦しめることにも繋がったりしている。

小日向美穂は島村卯月を超えた「普通の女の子」ではないだろうか?二人のアイドルについて考える

美穂 小日向

さて、シンデレラパーティについてだが、このゲームはエイプリルフール限定のお遊び企画ながらとても興味深いものだった。 わっ、こんな時間まで頑張ってるんですか。

7
彼女は卯月ほどは「普通」というイメージで語られていないアイドルだと思う。 あのー…他のプロデューサーさんから連絡が来てますけど…• の舞台でうろたえるものの、逆にかわいいと好評だった美穂。

小日向美穂

美穂 小日向

力が抜けて…はぁぁ、すごくいい気分です• シンデレラパーティーにおいてもパートナーとして登場した二人。 是非貴方の魔法で、美穂ちゃんの 「夢」を実現させてみませんか?. すなわちは世界においてありとあらゆる平均を内包する存在であることによって、 シンデレラという物語そのものの象徴たる理想的少女となるのだ。 内においても、二人の共演はかなり多い。

10
ふわぁ…眠くなってきちゃいました…お昼寝しても…?• 懸命に呼びかけてくれる美穂ちゃんの様子と、ハッとする常務の顔で毎回涙を流してしまう24話。 」の時も 「はにかみdays」の時も同じく理想的なアイドルであった思うが、しかしこの期間で自分自身をしっかりと見据えたことで、彼女は本当に完璧なアイドルへと近づいたのかもしれない。

小日向美穂は島村卯月を超えた「普通の女の子」ではないだろうか?二人のアイドルについて考える

美穂 小日向

「夢」や「嘘」といった虚構を描いたスリーでは、同じくフィクションである本編を強く意識させ、あちらの物語上ではあまりフィーチャーされることがない、トップアイドルを目指すにあたっての競争や戦いを物語に落とし込んでいる。 なんと今なら特訓前は可愛い美穂ちゃんの他に島村さんと五十嵐さんもついてきてお得! ネテロ会長を彷彿とさせるようなキュート極まるハートポーズはまさしく心を射抜く不可避の速攻、キメラアントもびっくりである。

5
なんと今丁度スカチケ販売中だぞ! 以上2枚、入手性も顧みて選出した。

小日向美穂

美穂 小日向

」のライブシーンでまさかのメンバーに混ざって美穂ちゃんが応援に駆けつけ、「卯月ちゃんとまた一緒にお仕事がしたいです」のメッセージカードを残し、そしてライブ中も懸命にライトを振ってくれる姿には本当に感激してしまった。 …どうしたんですか?あっ…か、考え事の邪魔しちゃいました?• アニデレに関してはかなーり卯月に肩入れして見ていたので卯月が笑顔を失ってしまったのはとてもショッキングだったが、その上でひっかかっていたのが相方である美穂ちゃんに多大な迷惑をかけてしまったよな……というところでもあった。 そんな中で感動の「S mile ING! やプロデューサーなど、彼女をよく知る周りの人間はそのことを痛いほど知っていただろうが、この強みがあまりに卯月というキャラクターの中枢に根差していたが故に、彼女自身にはなかなか気がつけなかったのかもしれない。

こうして自らの個性を研ぎ澄ませることの強さが描かれていたアニメ後半では、アイドルとしての明確なビジョンや強みを自覚していなかった卯月は、周りに取り残され追い詰められてしまっている。 卯月が自然と見せる笑顔の魅力は、アイドルとしての天性の才能だ。