上 信 電鉄。 上信電鉄(高崎(上信)〜下仁田)の時刻表

知識の倉 別館

電鉄 上 信

佐野のわたしを出ると直後にを渡り、左手下流側には鉄道橋と並行して木造の()であるが架かる。

現行路線 [ ] 高崎アリーナシャトルを除き、元日は運休する。

知識の倉 別館

電鉄 上 信

1984年2月1日改正当時• 1964年(昭和39年)、社名を「上信電鉄」へと再び改名した。 車両間の貫通路は両開き式のがついた幅1,200mmの広幅で、妻面の窓は固定窓とされた。

11
沼田局(沼田市)、鬼石局(藤岡市)、松井田局(安中市)、倉渕局(高崎市)、磐戸局(甘楽郡南牧村)、草津局(吾妻郡草津町)、藪塚局(太田市) 支線系統• また2008年10月20日から2012年9月9日まで、原作『』のキャラクター「メーテル」・「鉄郎」をあしらったラッピング電車「銀河鉄道999号」が運行されていた。

上信電鉄

電鉄 上 信

時刻は高崎9時36分発~下仁田10時53分着・11時34分発~高崎12時38分着。

15
明治の開業当初、下仁田町の養蚕業者が当時の蒸気機関車の煤煙による養蚕への悪影響を懸念したため、あえて山間部を抜けるルートを選んだことによる。 2020年3月に塗装変更が行われ、デビュー当時の塗装となった。

上信電鉄500形電車

電鉄 上 信

1981年11月25日改正当時• 出典 [ ] []• 柴田重利「上信電気鉄道」『私鉄車両めぐり特輯 1』鉄道図書刊行会、1977年• :1067mm• イベント列車で走るデキ1形電気機関車(2006年) かつて1950年から1969年まで(国鉄)高崎線から春・秋のシーズンの日曜祝日に - 下仁田間を結ぶ臨時列車(1961年以降は「あらふね」の愛称が設定されると同時にによって電車化)の乗り入れがあったほか、1984年にの「」が6両編成で、1992年秋に(JR東日本)の「」(後の)3両と最後尾に原型・原色の12系客車1両を連結した4両編成が入線したことがあり、デキ1形がでこれらを牽引した。

7
。

上信電鉄6000形電車

電鉄 上 信

0 2015年(平成27年) 2,583 2016年(平成28年) 2,456 鉄道統計年報(国土交通省鉄道局監修)より抜粋 営業成績 [ ] 上信線の営業成績を下表に記す。

11
全駅に所在。

上信電鉄(高崎(上信)〜下仁田)の時刻表

電鉄 上 信

700形電車(旧上信標準色) 過去の車両 [ ] 改軌・電化後 [ ] 電車• 利用状況 [ ] 輸送実績 [ ] 上信線の輸送実績を下表に記す。 (昭和56年)• いずれも1899 - 1900年製造の古典車であり、後述のデハ10形のうち東武鉄道からの譲受車が竣工した1948年からは使用されなくなり1954年に全廃となった。

0 高崎駅改札口分離・JR連絡運輸廃止 2006年(平成18年) 36. 運行形態 [ ] 車両については「」を参照 のダイヤ改正までは一部の駅を通過するも運転されていたが、2020年現在は全列車がの普通()である。 1897年(明治30年) 福島 - 南蛇井間が開業• 側面に式を設置• 快速(下仁田、南蛇井、上州一ノ宮、上州富岡、上州福島、吉井、馬庭、山名、高崎に停車)平日朝の上りのみ• 『私鉄車両編成表』各年版、ジェー・アール・アール バス事業 [ ] 上信バス(乗合) 中央前橋駅前 2007年現在、営業所は高崎1箇所のみで、路線数もわずかであるが、かつては前橋・藤岡・万場・富岡・下仁田にも営業所を持ち、甘楽郡・多野郡にも路線網を広げていた。

上信電鉄の時刻表

電鉄 上 信

1907年(明治40年)8月17日 高崎発の列車が、洪水により橋脚が傾いた烏川鉄橋に進入したため川中に転落(機関車、緩急車1、客車1)し即死1名、軽重傷8名を出す。

11
次の馬庭駅はの最寄り駅であり、かつては自衛隊向けの貨物列車が設定されていた。

上信電鉄の時刻表

電鉄 上 信

やがてこの好調だった電気事業もにより1942年(昭和17年)11月25日関東配電に統合されることになり重要な財源を失うことになった。

山名を出ると田畑や住宅の広がる平坦区間に入り、駅をでてすぐ右へカーブした後直進して西山名駅に到着する。

上信電鉄上信線

電鉄 上 信

CP をHS-10からHB-2000へ交換• 運転席は上信電鉄の慣例として進行方向右側に配されており、には1000形と同じワンハンドル式を採用した。 1923年(大正12年)2月5日に逓信大臣より電気事業の認可をうけ、室田発電所は4月1日に引き継がれた。 、などのICカードは一切使用できない。

2s ease;-ms-transition:padding. そして8月25日の臨時株主総会において高崎水力電気との合併仮契約解除が承認されると共に、電化の計画と軌間の拡張が協議され、資本金を200万に増資し社名を上信電気鉄道に改称し、初代社長に山田が選ばれることになった。