艦これ ss 嫌われ 薬。 嫌われ薬 提督の苦しみ

【龍田SS】伊19「提督に嫌われて悲しいの……」【艦これ・電】

Ss 薬 艦これ 嫌われ

そんなことも分からないの!?」 「ず、瑞鶴……」 「ここにはもう、貴様の指示に従う者など誰もいない。 私はお言葉に甘えて、少し休ませてもらいますので」 秘書艦の大淀にお茶を差し出した途端、わざとお茶を書類にかけられ一人直しに追われたり、また食堂では… 「うーわ、なんか邪魔くさい人がいる。

19
スターティングベンチ ・出場後失点、敗戦 ・スタメン復帰。 申しわけないのですが、今ちょっと食材を切らしてますのでどこか他所へ行ってもらえますか? もっとも、明日も明後日も貴方に出す食材は切らしているのですけど」 食堂では露骨に煙たがられ、食事作りを担当する間宮や鳳翔からは食事作りをボイコットされる事態となっていた。

【艦これ・提督SS】加賀「提督の顔色が悪い」

Ss 薬 艦これ 嫌われ

汚点は一生残り続けるから、そこだけは我慢しなきゃいけないわね。 クソがっ!」 提督「…」 大和「せめて他の奴ともすりゃいいのに、私としかケッコンカッコカリしないから、私だけが目立つじゃない!あァ!どうしてくれるの!?ゴミ!!」 提督「…なあ、大和。 私だけのこれって言うのが見つからなくて」 提督「それが嫌だったのか?」 比叡「はい……こんな普通の私が埋もれない為には必要だったんですけど……、 夜こっそり夜食を作りに飯場に行った時に【比叡立ち入り禁止】とか書いてあるの見るとなんか……はぁ」 提督「なるほどねぇ……」 比叡「どうすればいいんでしょうか」 提督「まぁ、一つ言わせてもらうとな。

8
急ぎの書類はないでしょう?」 提督「急ぎでは、ないけど…」 加賀「なら今日はもう休みましょう。 『テレビの前の皆さん、聞いてください。

【龍田SS】伊19「提督に嫌われて悲しいの……」【艦これ・電】

Ss 薬 艦これ 嫌われ

35 ID:Kn6fyIOy0 加賀「今日はもうお休みになってください」 提督「で、でも仕事は」 加賀「書類の方は艦娘達に任せても問題ありません。

8
その惚れ薬作るのに原料が余ったんだ」 元 【】「惚れ薬?」【R-18】 h. 今の自分に選べる選択は二つ。

【龍田SS】伊19「提督に嫌われて悲しいの……」【艦これ・電】

Ss 薬 艦これ 嫌われ

大和「うわwww頭を真っ先に狙うとかwww痛みを耐える気概すらないのねwww」 大和はそう言って、USPを奪おうとしてくる。 相補的に補えるのは岡崎とカラブロだけ。

10
特に 生命線のパスの精度が悪い。 「ま、待ってくれ皆! 一体どうして……!」 提督はどうにか皆をなだめようと声をかけるが、皆は近場に置いてあるものを提督に投げつける。

2012年09月日本代表蹴球246: ■■本田不要論 part6 ■■ (866)

Ss 薬 艦これ 嫌われ

ある意味正しいけど!) 電「早く医務室に行くのです!」 提督「いやほんと、止めて!?」 ガシッ 伊19「ほら、机にしがみつくのやめるの!」 伊168「司令官さん、ほら!」 伊58「あきらめるでち!」 伊8「医務室へ!」 提督「」 提督(ふおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!?) 提督(スク水越しに心地良い、ふくよかな感触があああああああああああっ!!) 提督(けど喜べない!) 提督(嬉しいけど喜べない!) 提督(俺の46サンチ砲が更にガチガチにいいいいいいいいいっ!!) 電&伊号艦娘「せーのっ! せーのっ!」 提督(だめっ!) 提督(今はだめ!) 提督(絶対に憲兵さん呼ばれちゃうのおおおおおおおおおおっ!!) 電「むう……こうなったら」 電「奥の手なのです!」 コチョ コチョ コチョ 提督「あひゃひゃ!?」 ズルッ 提督「あ」 ドドーンッ 電「ふう……ようやく机から離れ」 電「へ……?」 提督の46サンチ砲「やあ!」 電「」 伊19「」 伊168「」 伊58「」 伊8「」 キャアアアアアアアアアアアアアッ!! 提督(…………) 提督(……終わった。

17
会って謝りたかった。

ヤンこれ、まとめました

Ss 薬 艦これ 嫌われ

34 ID:Kn6fyIOy0 加賀「…えい」ツン 提督「……」プニッ 加賀「……」ツンツン 提督「……んむっ」プニップニッ 加賀「ふふっ…」 提督「……z」 加賀「さて、私も寝るわ。

10
足柄のカレーは昼、瑞鳳の卵焼きは夕飯に食べるって、昨日言っただろ」 「だって…… 提督に早く食べてほしかったんだもん…」 「そうむくれるなって。

艦隊これくしょん 提督代理、着任する

Ss 薬 艦これ 嫌われ

」 提督「ありがとう、大和。

19
質問してもいいか?」 漣「質問? いいですよー」 龍驤「あんま変なんやなければえぇで」 提督「じゃあ漣。 そして、そのニュースを聞いた途端、彼は思わずテレビに映る映像に絶句。